低用量ピルの避妊効果ご紹介 

エッチをした後に、生理がなかなか来ない、こんな不安を覚えた経験はありませんか?いくら大好きな彼とのエッチだとしても、子供ができたら大変なことに。せっかく愛し合っているのに、予期せぬ出来事に困惑することも。コンドームだけでは、ちょっと避妊効果としてはすこし心配。彼に任せっきりの避妊というのも心もとない、と考えるなら、低用量ピルを使ってみてはいかがですか。

低用量ピルには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれており、それを服用することで妊娠中のホルモンバランに変化させます。つまり、脳を妊娠中だと誤解させることで排卵をストップさせ、生理もおきなくなります。正しい服用を守れば、避妊効果はほぼ100パーセントと言われています。低用量ピルの服用をやめれば、再び生理はきます。

なぜなら、低用量ピルは次の3つの作用によって妊娠を防ぐことができるからです。

  1. ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)を抑える

低用量ピルには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンに似た成分が配合されています。服用することで、「女性ホルモンが十分に分泌されている」という信号が脳に送られ、「妊娠した」と認識されます。

その結果、脳下垂体から分泌される2つの「ゴナドトロピン」(FSHとLH)の分泌が低下し、卵胞の発育と排卵が抑制されます。

  1. 子宮内膜の増殖を抑える

低用量ピルの服用により、血液中に多くのプロゲステロンが補われるため、エストロゲン作用がうまく働かず、子宮内膜の増殖が抑えられます。

子宮内膜は本来、エストロゲン作用で厚くなり、受精卵の着床を助けますが、増殖が抑えられることで着床しにくい(妊娠しにくい)状態になります。

  1. 子宮頸管粘液を変化させる

プロゲステロンの作用により子宮頸管粘液の粘り気が増し、精子が通過しにくい状態となることも、低用量ピルの避妊効果を高めます。

また、低用量ピルは一度に摂取するホルモン量が少ないため、副作用も比較的少なく、女性の体にとって楽な薬となっています。