低用量ピルとは
低用量ピルとは、確実な避妊効果を得るために利用されている薬です。また、経口避妊薬とも呼ばれています。低用量ピルに含まれている成分は卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。それで、低用量ピルは女性の体内のホルモンのバランスを整えることができます。服用し続けたら、排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えることで避妊効果を実現します。中・高用量ピルと比べて、低用量ピルに配合されている女性ホルモンがもっと少なくて安全性も高いと認められています。

低用量ピルの服用
低用量ピルの服用はほかの薬の服用と比べて、すこし厳しい規則があります。用法と用量を正しく守ればほぼ100%の避妊効果を得ることができますが、服用方法を間違ったら、避妊効果がゼロになってしまうかもしれませんから、注意してください。これから、低用量ピルの正しい服用方法を紹介しますが、是非ご参考ください。

通常、低用量ピルは生理の初日から、毎日1錠ずつ服用することは基本的です。低用量ピルを初めて利用する場合は服用開始から8日目ごろから避妊効果が現れ、次の生理周期以降も服用を継続すれば、2シート目の初日から避妊効果を得られるようになります。また、低用量ピルの1シートあたりの錠剤の数によって「21日タイプ」と「28日タイプ」という二種類がありますが、21日タイプの場合、21日間実薬を飲み続ける後、7日間の休薬期があります。28日タイプなら、21日間実薬を飲み終わったら、7日間偽薬を飲み続けます。