ピルは経口避妊薬、つまり避妊を目的とした飲み薬の通称で、英語ではOral Contraceptives(OC)と呼ばれています。ピルには低用量/中用量/高用量の3種類があります。その中で、低用量ピルは何でしょうか?ほんブログでは、低用量ピルの効果、低用量ピルの副作用、低用量ピルの飲み方などの情報についてご紹介します。

低用量ピルとは、いわゆる経口避妊薬のことです。妊娠を望まない女性が服用することで、性交渉による妊娠を防ぐことができます。日本では避妊方法としてコンドームの使用が一般的ですが、コンドームの場合は男性が使用しなければいけないのに対して、低用量ピルは女性自身が使って避妊できるという特徴があります。

低用量ピルの効果
低用量ピルの効果は妊娠したようなホルモン環境を作ることで、着床や排卵を抑制します。そのため服薬を続けることで避妊が可能になります。何錠服用したから避妊ができるというものではないので、まとめて飲んでも効果はありません。

低用量ピルの効果の他は、生理痛や量の軽減、にきびの改善などがあります。ピルの種類によっては逆ににきびができやすくなるものもあります。具体的には生理不順や月経前症候群(PMS)、ひどい生理痛などの症状をやわらげてくれます。また、子宮内膜症の改善や子宮にできる癌のリスクを減らす作用もあります。低用量ピルを服用することで体内のホルモンバランスを一度リセットできることから、女性特有の症状で悩んでいる場合に婦人科で処方されるのです。

低用量ピルの副作用
大きな副作用:
20歳代で1/10000位の確率で副作用が発生しているようです。
乳がん:
自然な発生としてもそれは年齢とともに増加します。乳房の外側上方に好発します。早期発見として自己検診(処方時にお渡しする小冊子をご覧ください)がもっとも有用です。

子宮ガン:
性交感染症などの既往がある場合などは1年に1度は検診してください。そうでない場合は2年に1度で十分です。現在は区検診、社内検診などを利用してください。

血栓症: 突然の足のむくみ、呼吸困難などで発症します。喫煙のほか、年齢や血栓傾向の抗体などが発症率を上昇させます。リスクを避けるために、禁煙をおすすめしています。

小さな副作用:
1シート目の1週目は全体で1/3程度、3シート目になると1/20程度の確率で発生すると言われています。こうした小さな副作用のほとんどは服用を続けることで徐々に収まっていきます。
短期的 : 頭痛、吐き気、乳房の張り、体重増加、にきびなど
長期的 : 出血、微熱など

低用量ピルの飲み方
毎日1錠ずつ飲むことが重要です。なるべく同じ時間に飲むことが重要です。生活パターンや習慣にあわせて飲むと飲み忘れが予防できます。例えば、朝食後、寝る前、歯磨きの後など。飲み忘れた場合には、一からやり直しです。

避妊薬の比較

アイピル(アフターピル)とは、シプラ社によって開発された今の大人気女性用アフターピルです。ノルレボのジェネリック医薬品です。アイピルの有効成分はレボノルゲストレルで、排卵を抑制したり、受精卵の着床を阻害したりすることで、望ましくない妊娠を回避する効果に達します。

トリキュラーはバイエル社が製造販売される低用量避妊ピルの一つです。これは、身体にあまり負担をかけない方法で避妊することが可能です。トリキュラーの有効成分は、エチニルエストラジオール・レボノルゲストレルとなっています。排卵を抑制する作用、精子が子宮に入りにくくなる作用、受精卵の着床を防ぐ作用、これら3つの作用により妊娠を防ぎます。

ロエッテは、低用量ピルの中で一番避妊効果が高い商品です。主成分に緊急避妊薬のレボノルゲストレルも同成分の含まれているので、モーニングアフターピルとして利用されることもあります。超低用量ピルで避妊や生理痛目的に優れた効果もあります。

あなたにおすすめ健康情報サイト:世界第一のシアリス|ED治療薬Wiki